このページの本文へ移動

利用案内

Tree+ing(ツリーイング)プログラムの提供について

Tree+ing (ツリーイング)とは

ツリーイングの写真

ツリーイングとはTree Master Climbing Academy (ツリーマスタークライミングアカデミー以下TMCA)が推奨する、“安全で楽しい木登り”の呼び名で、対象である木(Tree)にプラス(+)された「ing」の意味は「木に登る~Climbing」+「木から学ぶ~Learning」+「お互いに共有する~Sharing」の3つの「ing」を表しています。

元来、このロープを利用した木登りの技術は、欧米のアーボリスト(樹木医)が数十メートルの樹上で作業を安全に行うための手段として利用されていましが、1980年代の前半にアメリカで、これらの技術を人々が、安全かつ、気軽に木と接するレクリエーションの一環として、ロープを使った木登りが行われるようになりました。
そんなロープを使った木登り技術を、TMCAでは「ツリーイング」と命名し、全国で行っています。

内容

  • 専用の道具(ロープとギアなど)を使い、大きな木に登る体験をします。
  • 専門スキルを持ったインストラクターが指導します。
  • プログラムは目安として2時間程度を予定 。
  • 人数が多い場合は、午前の部、午後の部と交代して体験をして頂きます。

持参頂く持ち物

  • 滑り止め付きの手袋(滑り止め付き軍手など)
  • 参加者名簿(氏名、性別、生年月日を記載した物)
  • 上下に分かれたレインウェア(雨天でもツリーイングは行います)・着替え

受付方法

プログラム実施日の1ヶ月前までに事務所へお申し込みください
 ※最少催行数は2名より受付可能
 ※1度の体験人数が10名を超える場合は、午前・午後の2部制となる場合もございます
 ※キャンセルは状況により取消料が発生する場合があります。お早めにご相談ください

大阪府立少年自然の家 ツリーイングプログラム費について

ツリーイング体験基本料金
(指導料、保険代等含む)
1名につき、4,000円
ツリーイングギアレンタル料 
(内容:ヘルメット、ハーネス、カラビナ、ロープ、ロープの入れ物、スリーブ)
1セットに付き2,000円
※ただし、ツリーイングクライマー有資格者は1,500円

※ツリーイングクライマー有資格者を含む団体は必要に応じてスタッフを要請ください

ツリーイング保険について

補償内容

死亡・後遺障害 1,000万円
入院(日額) 5,000円
通院(日額) 3,000円

ツリークライマーの方へ

大阪府立少年自然の家では、ツリーイングの普及に取り組んでいます。施設内にはDRT,SRTの専用エリアを有し、クライマーの皆様の交流やスキルアップにご利用頂けます。ギアにつきましては、持込をお願いしておりますが、ロープ、ハーネスは若干数、レンタルギアがございます。ギアをお持ちでない方にも楽しんで頂けますが、必ず事前にご予約ください。

協力団体

一般社団法人 青空net
青空netホームページ外部リンク

子どもたちのツリーイング参加写真
ツリーイングの写真
大人数人で一つの木に登っている写真